ゴシップ情報

スポンサーサイト


⇒ 坐骨神経痛改善の詳しいストレッチ法についてはこちらから




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチ改善法

坐骨神経痛をの痛みやしびれを根本から改善するための、ストレッチをあなたはご存じでしょうか?

このストレッチは亀有ひまわり整体院院長(カイロプラクター・柔道整復師)の大須賀氏による、
ご自宅で1日たった5分でできる坐骨神経痛専用ストレッチです。

無理なく、負担なくできる方法だからこそ続けられ、改善することができます。

手術などをお考えの方は、その前に是非一度こちらをご覧になってみてください。
期間限定で公開中ですので、お早めにどうぞ。

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチの詳細はこちら




坐骨神経痛・腰痛の種類によって治療法は違う


⇒ 坐骨神経痛改善の詳しいストレッチ法についてはこちらから




坐骨神経痛・腰痛の種類によって治療法は違う


みなさん足腰の調子はいかがでしょうか?
それでは今回も坐骨神経痛、腰痛等の最新情報をお届けしていきます。


2足歩行を始めた時から、人間にとっては悩みの種の坐骨神経痛・腰痛、実に約8割の人が坐骨神経痛・腰痛を人生で経験するそうです。
ただし、おなじ坐骨神経痛・腰痛と言っても原因は様々で、坐骨神経痛・腰痛の種類によって治療法が異なります。


まず、急に腰がくだけたように立ち上がれず、痛みのひどいのが急性の坐骨神経痛・腰痛であるぎっくり腰です。
ぎっくり腰には、安静が第一の治療法です。


ぎっくり腰は、大抵の場合1週間の安静で自然に治癒しますが、冷シップで筋肉の痙攣を抑えるのも効果的です。
ただ、足先が麻痺する場合や、安静にしていても悪化する場合はかならず専門医の診断をうけ、病院で治療しましょう。


坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや脊椎分離症、変形脊椎症などでおこりますが、最も多い原因は椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアは、せきやくしゃみをすると痛みが増す特徴があり、椎間板が老化や姿勢の悪さなどから変性することが原因です。
治療は手術と思われがちですが、そのうち約9割はコルセットなどの保存療法で治療ができます。


脊柱管狭窄症も坐骨神経痛を起こしますが、坐骨神経痛・腰痛のほかに足のしびれ感や、間欠跛行とよばれる痛みのため正常に歩行できない特徴があります。
治療には主に炎症を抑えるステロイドや筋弛緩薬を用いる薬物療法や、局所麻酔による神経ブロックなどを用います。
またコルセットも用いますが、症状がひどく排尿・排便機能に障害が出る場合は、脊柱管を広げる手術で治療します。


保存療法には、他に理学療法とよばれる治療法があり、主に慢性の坐骨神経痛・腰痛に用いられます。
坐骨神経痛・腰痛を緩和するために、温シップを用いる温熱療法や、運動療法、マッサージなどをします。
また低周波やレーザーなどを用いることもあります。


坐骨神経痛・腰痛の痛みがひいたら、日常生活の姿勢や運動に気を配りましょう。
体の硬い人や、筋肉の凝り固まった人は坐骨神経痛・腰痛を招きやすいので、軽い運動やストレッチをして坐骨神経痛・腰痛防止に励みましょう。
また、全身をバランスよく保ち、腰に負担のかかる姿勢で長時間過ごさないように気をつけましょう。


それでは、また次回の坐骨神経痛、腰痛、ヘルニア情報でお会いしましょう。





1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチ改善法

坐骨神経痛をの痛みやしびれを根本から改善するための、ストレッチをあなたはご存じでしょうか?

このストレッチは亀有ひまわり整体院院長(カイロプラクター・柔道整復師)の大須賀氏による、
ご自宅で1日たった5分でできる坐骨神経痛専用ストレッチです。

無理なく、負担なくできる方法だからこそ続けられ、改善することができます。

手術などをお考えの方は、その前に是非一度こちらをご覧になってみてください。
期間限定で公開中ですので、お早めにどうぞ。

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチの詳細はこちら




スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体5

下腹部痛と腰痛や坐骨神経痛がある場合


⇒ 坐骨神経痛改善の詳しいストレッチ法についてはこちらから




下腹部痛と腰痛や坐骨神経痛がある場合


婦人科系の病気は、下腹部痛や腰痛や坐骨神経痛となって体に現れることが多いものです。
もしも下腹部痛や腰痛や坐骨神経痛を感じたら、まず片側に偏っているかなど痛みの場所をしっかり把握しましょう。


次に下腹部痛や腰痛や坐骨神経痛の続く時間や、繰り返し痛むかどうかをチェックします。
また、運動した際に痛むか、食事の後痛むか、何かの動作と関係性があるかどうか調べます。


また下腹部痛と腰痛や坐骨神経痛が常に痛さが同じであるか、段々増強しているかどうか、また痛みの感じ方をチェックします。
他にも、便秘があるか、体を曲げると痛くなるかどうか、鎮痛薬がきくかどうか、月経周期と関連性があるかどうか、天候や精神状態に影響されているかどうかを調べておきます。


このようなチェック事項を調べてから、病院に診察に行くと、正確な診断の助けとなります。
下腹部痛と腰痛や坐骨神経痛を起こす原因は様々ありますので、自分で診断せず必ず専門医にかかることをおすすめします。


下腹部痛と腰痛や坐骨神経痛をもたらす原因として考えられるのは、生理通に加えて、子宮や卵巣・卵管の病気が主に考えられます。
また、膀胱や腹壁に炎症がある場合も、下腹部や腰に痛みが出ます。


痛みが右側に偏っている場合は、虫垂炎、ヘルニア、腎臓の病気などが考えられます。
左側に偏っている場合は、S字結腸の炎症・潰瘍やヘルニア、脾臓や婦人科系の病気が考えられます。


また痛みが急速に起こる場合は、子宮外妊娠や、流産、急性卵管炎、卵巣腫瘍などの可能性があります。
痛みの出方は人それぞれですので、かならず専門医に見てもらいましょう。


1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチ改善法

坐骨神経痛をの痛みやしびれを根本から改善するための、ストレッチをあなたはご存じでしょうか?

このストレッチは亀有ひまわり整体院院長(カイロプラクター・柔道整復師)の大須賀氏による、
ご自宅で1日たった5分でできる坐骨神経痛専用ストレッチです。

無理なく、負担なくできる方法だからこそ続けられ、改善することができます。

手術などをお考えの方は、その前に是非一度こちらをご覧になってみてください。
期間限定で公開中ですので、お早めにどうぞ。

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチの詳細はこちら




テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体5

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。