ゴシップ情報

スポンサーサイト


⇒ 坐骨神経痛改善の詳しいストレッチ法についてはこちらから




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチ改善法

坐骨神経痛をの痛みやしびれを根本から改善するための、ストレッチをあなたはご存じでしょうか?

このストレッチは亀有ひまわり整体院院長(カイロプラクター・柔道整復師)の大須賀氏による、
ご自宅で1日たった5分でできる坐骨神経痛専用ストレッチです。

無理なく、負担なくできる方法だからこそ続けられ、改善することができます。

手術などをお考えの方は、その前に是非一度こちらをご覧になってみてください。
期間限定で公開中ですので、お早めにどうぞ。

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチの詳細はこちら




腰痛や坐骨神経痛の予防ストレッチ体操について


⇒ 坐骨神経痛改善の詳しいストレッチ法についてはこちらから




腰痛や坐骨神経痛の予防ストレッチ体操について


仕事をしている間に負傷して4日以上仕事を休むケースのうち、実に3分の2以上は腰痛や坐骨神経痛です。
重いものを運ぶ作業はもちろん、長時間のPC業務などのデスクワークでの件数も年々増加しています。

もちろん職場ではなく家庭まで含めたなら、その数はものすごく多いことでしょう。
このような腰痛や坐骨神経痛を予防する方法をご紹介したいと思います。


まずは自分の体をよくチェックしてみましょう。
腰痛や坐骨神経痛予防に大事なのは、まず第一に姿勢です。
腹筋と背筋とのバランスが取れていないと、お腹が突き出ていたり、背中が反った立ち方になります。


長期間アンバランスな姿勢を続けて骨盤の位置がずれると、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの原因になります。
加齢や運動不足によって腹筋は衰えがちですので、日ごろから腹筋を鍛えるような運動を取り入れましょう。


正しい姿勢をとるためには、まず壁に背中を当てて、頭の後と、肩甲骨、仙骨、踵がぴったりつくように立ちます。
この姿勢が正しい立ち方の基本になり、腰痛や坐骨神経痛を予防します。
また座る際には、椅子に深く腰掛け、軽くアゴをひいて背中を伸ばし腹部をひっこめます。


また、適正体重を保つことも重要です。
肥満は腰部にかかる負担を大きくし、また脂肪が増えることで血行が悪くなり腰が冷えたりします。


腰の関節が硬くなっていないかどうか、背中の筋肉が十分柔軟性があるかチェックしましょう。
腰周辺の筋肉の緊張は、腰のひねる動作が少ないと起きやすくなります。


日ごろからウエストをひねる体操をすることで、腰周りの筋肉が活性化して血流が良くなります。
腰のコリを予防することで、腰をしっかり支えることができるのです。


重いものを持ちあげる動作でぎっくり腰を発症するのを予防するためには、一度しゃがんで腰を曲げずに体全体で持ち上げるようにします。
寝る際の寝具も柔らかすぎて、体が沈んでしまうようなものは避けましょう。
枕の高さも高すぎると、腰痛や坐骨神経痛の原因になります。


1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチ改善法

坐骨神経痛をの痛みやしびれを根本から改善するための、ストレッチをあなたはご存じでしょうか?

このストレッチは亀有ひまわり整体院院長(カイロプラクター・柔道整復師)の大須賀氏による、
ご自宅で1日たった5分でできる坐骨神経痛専用ストレッチです。

無理なく、負担なくできる方法だからこそ続けられ、改善することができます。

手術などをお考えの方は、その前に是非一度こちらをご覧になってみてください。
期間限定で公開中ですので、お早めにどうぞ。

1日5分伸ばすだけの坐骨神経痛ストレッチの詳細はこちら




テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体5

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。